2008年春、渋谷ユーロスペースにてレイトショーされる
映画『船、山にのぼる」の監督・本田孝義のブログです。

本田孝義

« 興行精算/BankART »

2008/7/25 金曜日

『KING OF TOKYO』『破片のきらめき』

最近、いろんな試写状が来るようになった。大体、ほとんどの映画は映画館で公開する前に、マスコミ向けに試写をやるわけだけど、まあ、僕などなんの影響力もありませんが、試写状を送ってくださる方がいる。さすがにほとんどドキュメンタリー映画ですが。逆に、ドキュメンタリー映画だからこそ気になるわけでして、試写に行けるかどうか、つい、そわそわしてしまう。

そんなわけで、今日は午後から『KING OF TOKYO』というドキュメンタリー映画の試写会に行った。監督の太田綾花さんが学生時代に作ったドキュメンタリー映画を以前見たことがあって、確かに覚えている作品だった。だから、今作も余計に気になったのだ。本作はブラジル出身のサッカー選手・アマラオのドキュメンタリー。僕はサッカーはさっぱり分からないので、こういう選手がいることすら知らなかった。そういう意味では、ブラジル時代から解き明かし人柄もなんとなく伝わってきて、人物を知ることが出来てよかった。ただ、少し残念なのは、映画の肝のようなものがなくて、のめりこめなかったのも事実。

その後、事務所に行って、いくつかの事務作業。

 夜はVIDEO ACT!の上映会。上映作品は『破片のきらめき』。以前、『心の杖として鏡として』というタイトルで公開されていて、見逃していて気になっていた作品。本作品は撮影者である高橋愼二さんが再編集(前より20分長くなっている)したもの。これが素晴らしい作品でした。精神科病院の造型教室に通う人たちを描いた作品なのだけど、同時に優れたアートドキュメンタリーになっている。僕は見ながら「芸術ってなんだ」と考えながら見てました。とにかく、強烈な作品が多々映っている。同時に、アトリエの独特な空気感を捉えたカメラが素晴らしい。再編集版なので、なかなか公開が難しいのかもしれないけど、ぜひぜひ多くの人に見てもらいたいなあ、と思った。

未分類 — text by 本田孝義 @ 0:55:29

コメント (1) »

  1. This is the ideal column for anyone who desires to be accustomed with this subject.Full of able acumen based on testing by experts that knew what they were talking about.

    コメント by wherever wedding dresses are purchased or custom made there are usually plenty o — 2013/6/4 火曜日 @ 8:44:26

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ